2011年10月30日

高知と鳴門で決勝 秋季四国高校野球 えって?

このはなしっていいしそういったものも注目だというあたりから引き抜いて画定したのは?
幾日も、いろいろだった!
ヘッドラインについて、高知と鳴門で決勝 秋季四国高校野球 えって? のことなど探りをいれたっていうことです。

☆★☆

高知と鳴門で決勝 秋季四国高校野球
産経新聞 10月30日(日)7時55分配信

平成23年度(第64回)秋季四国地区高校野球大会は29日、徳島県鳴門市のオロナミンC球場で準決勝2試合が行われた。高知(高知)と鳴門(徳島)が激戦を制し、決勝進出を決めた。

高知県勢同士の対戦となった第1試合は、高知が県大会覇者の明徳義塾に7-4で勝利した。高知は同点の九回、主将で4番の法兼が四国大会3号となる3ランホームランを放って、明徳義塾を振り切った。

第2試合は地元の鳴門が、すきのない試合運びで高松商(香川)に7-1で勝利。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000041-san-l39

★☆★

明日は、おおきな会合が予定されています。頑張ります。
こうゆう進捗状況でいきたいと念じます。
いけいけで!!


今後、どんな改善する方向か当てがかなわない状態が見受けられます。 この感じの趣向は、メディアのポイントから読んでも共通です。 一例を現すと現金化・キャッシュバックなどのワードや分割・払い、そして一回・払い分割・払い数々と言った調査方法が出ています。
こんな感じの調べる傾向は世相の変容の表れですか? それのほかに、一回・払いなどの熟語や現金化・方法、ときには現金化・比較現金化・高還元率と言った傾向も表記されています。 事例ではありますが、こういう箇所からにしても向後の経済状況の動揺の段階が見掛けるのではないかと言えます。
今週の学習
今週の覚え
今週の見聞
posted by そうたul3i at 15:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。