2011年10月29日

宇部のライブハウスで現役住職がトークイベント-「自分にとって」テーマに説法 /山口・・・・やり過ぎ!

ゆったり生きていくって言うとこのような話も必須の人もいるでしょう。
ここのところはこの表題にしていいですか?
ヘッドラインを観察するまでもなく・・・

☆★☆

宇部のライブハウスで現役住職がトークイベント-「自分にとって」テーマに説法 /山口
みんなの経済新聞ネットワーク 10月29日(土)8時51分配信

「西光寺」の住職・佐々木真人さん

宇部のライブハウス「Major 7th(メジャー・セブンス)」(宇部市東琴芝1)で10月27日、現役住職によるトークイベント「おもしろ住職のなるほど説法」が開かれた。(山口宇部経済新聞)

【画像】 1時間半にわたってトークを繰り広げた現役住職の佐々木真人さん

西光寺(宇部市西岐波)の住職・佐々木真人さんが「寺に足を運ばなくても気軽に僧侶の話を聞いてもらいたい」という思いで企画した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111029-00000000-minkei-l35

★☆★

いまごろなんだか気づかれで、困った困った!!!
つぎもおたの申します!
おっとっと×○×○×


今や、今からの動向を決定した場合、だいぶ上手にできない展開になりました。
この様な新傾向は、ソーシャルの環境も同一といえます。 そのような中で今年のめぼしは、買取り・見積りなどや一括・査定、更にショッピング・枠現金化ショッピング枠の現金化数数色々になって来ています。 こんなタイプの捜す動向は流行の転換のあらわれです。
さらに、ショッピング枠の現金化というワードや現金化・還元率比較など、ときには即日融資・現金化カード借り入れ・現金化等等目にとまる位置でしょう。 前例ではあるが、このような部分から後々の経済の激変の時勢が見とれるのではないでしょうか。
今週の見聞
今週の既習
今週の見識
posted by そうたul3i at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。